窓からの雨漏りは業者に調査を依頼しましょう

雨漏りは早めに改善する~被害と雨漏りが発生しやすい場所~

家に住んでいると、天井裏や屋根から雨漏りが発生することがあります。もし、雨漏りを放置していた場合、シミができる以外にも様々な二次被害が発生してしまいます。よって、雨漏りが発生する前に調査を行い、雨漏りを未然に防ぎましょう

雨漏りしやすい場所

雨漏りの発生しやすい場所に、外壁があります。経年劣化によって防水塗装が剥がれたり、壁にかすかなヒビが入ったりすることによってそこから雨水が染み込み、それが雨漏りの原因となります。また、台風などによる横殴りの雨の場合、室外機や換気口などから雨水が侵入することによって雨漏りが起きることもあります。
ベランダ・バルコニー
ベランダやバルコニーも、外壁と同じく経年劣化によるヒビが雨漏りの原因となる場合があります。外壁部分と床部分が雨漏りの原因になる場合が多く、マンションなどに多いルーフバルコニーは早めに対処しないと下の階層に被害を拡大させてしまう恐れがあります。
窓の結合部分であるサッシ周りは雨漏りが発生しやすい場所といえます。経年劣化によって隙間が発生して雨水が入り込むことがある他、サッシ枠に雨水がたまり室内に雨水が侵入することもあります。

雨漏りによる二次被害

二次被害の具体的な内容を教えてください
主にシミの発生、カビの発生、そして漏電が挙げられます。外壁や天井に雨水が染み込むと、その部分だけ変色してしまい、雨漏りを解消したとしてもシミとなって残ってしまいます。また、湿気によってカビが繁殖してしまい、衛生環境が悪くなる他カビを餌にする害虫が湧きやすくなったりきのこが生えてきたりする場合もあります。漏電は正確には三次被害となりますが、発生した場合火災が発生する危険性があり、最悪命にかかわることになります。

雨漏りは、家に取り返しのつかない被害を与えるだけではなく、カビの発生などによって健康面にも悪影響を及ぼします。雨漏りを放置していてもメリットはないため、発見した場合は早急に改善しましょう。

窓からの雨漏りを発見した場合~雨漏り調査を依頼~

雨漏りを発見した場合、すでに被害が拡大していた……というケースは少なくありません。よって、天井もしくは窓に雨漏りを発見した場合、まずはプロの業者に依頼し、雨漏りの調査をしてもらいましょう。

雨漏り調査を行うメリット

原因を特定できます(男性/修理業者)

雨漏り調査を事前に行うことで、雨漏りの原因を特定することができます。原因を特定することで原因部分の改善及び修理がスムーズに捗り、改善の費用と時間のコストを大幅に下げることができます。より効率的な雨漏り改善を行うことができるというのもメリットの一つです。

賃貸住宅に住んでいる場合

マンション

マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいる場合、雨漏り調査を行う前にまずは貸主及び管理会社に連絡を入れましょう。そして貸主及び判断を仰ぎ、その指示に従う必要があります。賃貸物件の契約内容にもよりますが、場合によっては雨漏りの調査及び修繕などの費用は貸主及び管理会社が負担するケースもあります。しかし、すぐに修繕が必要な場合はまずは報告したあと一旦業者に修繕費を支払い、後日貸主に請求するということができる場合もあります。

TOPボタン